消費税10%に向けてPayPayやLINE Payなどのコード決済で知っておくべきこと|TechCrunch

20190930

いよいよ増税!お得の為に知っておくべき事!

消費税10%に向けてPayPayやLINE Payなどのコード決済で知っておくべきこと | TechCrunch Japan
10月から消費税が10%となることを受けて、政府は中小売業者で5%、大手小売り業者で2%の還元を受けられる移行施策を実施する。ここでは、各種コード決済の対応状況や直近のキャンペーン情報をまとめた。
キャシュ男
キャシュ男

ついに消費税10%に…
おトクなキャッシュレスを探さなきゃ!

ペイ子
ペイ子

各事業者一長一短あるようだから、
ちゃんと覚えておかないとね!

消費増税目前、おトクの為に各事業者の取り組みを知っておこう

2019年10月1日から消費税が2%増えて10%になりますが、消費の冷え込みを防ぐため、政府は中小企業で5%、大手企業で2%分が還元となる制度を同時にスタートさせます。

期間は2019年10月1日~2020年6月30日までの9ヶ月間。この期間内ならキャッシュレス・消費者還元事業に登録した小売店でキャッシュレス決済を行う事で、還元が受けられます。

今回はQR/コード決済の各社の動きについてまとめられた記事を引用し、紹介していこうと思います。

PayPayの取り組み

PayPayは10月1日〜11月30日まで「まちかどPayPay」と呼ばれるキャンペーンを実施する。1カ月あたりの還元上限は2万5000円、1回あたりの還元上限は1000円というキャペーンで、金融機関の口座からのチャージやヤフーカード(クレジットカード)経由のPayPay決済で5%の還元を受けられる。

TechCrunch

まずはPayPayです。PayPayは10月1日~11月30日までの2ヶ月間、「まちかどPayPay」というキャンペーンを開催します。

このキャンペーンは消費者還元事業から5%とPayPayからの還元5%、合わせて最大10%の還元が受けられるキャンペーンとなっています。還元対象となるのは銀行からチャージした残高かヤフーカードのみで、ヤフーカード以外のクレジットカードの場合は還元を受けられません。

また、還元を受けられる店舗にはキャンペーンのポスターやポップが掲示される事になっていますので、ポスター、ポップの掲示の無い店舗ではPayPayからの5%還元を受ける事は出来ませんが、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗であれば2%ないし5%の還元を受ける事は可能です。

上限は2万5000円までとなっています。

LINE Payの取り組み

LINE Payは前月の利用実績に応じて当月の還元額が変動するマイカラーという特典を用意しており、1万円未満はホワイトで0.5%、5万円未満はレッドで0.8%、10万円未満はブルーで1%、10万円以上はグリーンで2%の還元となる。キャッシュレス・消費者還元制度と合わせると通常でも5.5〜7%の還元となる。

TechCrunch

LINE Payは基本的に消費者還元事業の還元+マイカラー制度で最大7%となりますが、10月18日からはそれに加えてキャンペーンを開催する事になります。

このキャンペーンは「LINE Pay生活応援祭」と題し、スーパー、ドラッグストアで5%還元+マイカラーで最大7%分の還元が受けられるようになるというものです。

また、スーパーマーケットのオーケーストア、サミット、成城石井、東急ストア、ベイシア、ライフにおいては5%ではなく10%の還元+マイカラーで最大12%もの還元を受けることが出来ます。

このキャンペーンにおける還元上限は1000円相当までとなっています。

d払いの取り組み

d払いは通常の割引制度はないので、特別なキャンペーンを実施していない期間はキャッシュレス・消費者還元制度の2〜5%の還元を受けられるのみ。ポイント還元されるのは翌々月だ。ただし、10月14日までは決済金額の20%を還元するキャンペーンを実施中だ。

TechCrunch

d払いは消費増税に合わせた特別な制度やキャンペーンは開催しませんが、すでに開催中の「d払い20%還元キャンペーン」を10月14日まで開催しています

こちらのキャンペーンは1回あたりの上限が1,000円、期間中の上限は3,000円相当までとなっています。

d払いには金曜と土曜のみ還元率が5%アップする「d曜日」やドコモ回線のユーザーであれば条件をクリアする事で最大7%の還元が受けられるdポイントスーパープログラムも実施していますので、ドコモユーザーであればd払いという選択肢はベストチョイスかもしれません。

ただし、d払いのキャンペーンはエントリーが必須となっていますので、忘れずに必ずエントリーするようにしましょう

Origami Payの取り組み

Origami Payはキャッシュレス・消費者還元制度に合わせて最大8%の還元キャンペーンを10月1日〜2020年1月31日まで実施する。キャッシュレス・消費者還元制度の2〜5%については最大還元2000円相当(2000ポイント)の即時還元、Origami Pay独自の3%還元は決済金額から最大還元3000円相当の即時還元となる。

TechCrunch

Origami Payはキャッシュレス・消費者還元に合わせた最大8%還元となるキャンペーンを2020年の1月末まで実施します。

Origamiといえばポイントでの還元ではなく即時割引がウリの一つですが、キャッシュレス・消費者還元制度に参加している店舗で利用した場合はその分がポイントとして還元される事になります。

Origamiのこのキャンペーンは開催期間が長いのも特徴で、4ヶ月間もの間実施するのは数あるキャッシュレス決済アプリの中でも最長だと思われます。

上限はキャッシュレス・消費者還元制度の分については2,000円相当、Origami Payの3%還元の分については3,000円相当までとなっています。

楽天ペイの取り組み

楽天ペイでは、キャッシュレス・消費者還元制度に登録している事業者の規模は問わずに一律5%還元となる。さらに同制度の対象外、つまり冒頭のキャッシュレスのマークが掲示されていない店舗でも5%の還元を受けられるキャンペーンを実施する。

TechCrunch

楽天ペイの取り組みはちょっと特殊で、他のキャッシュレス決済アプリのように還元率を上乗せしません。その代わり、キャッシュレス・消費者還元制度に参加していない店舗であっても楽天ペイで決済すると一律で5%還元を受ける事が出来ます

仕組みとしてはキャッシュレス・消費者還元制度に参加している2%還元のお店では3%分を楽天ペイが負担、そもそも参加していない店舗では丸々5%分を楽天ペイが負担するという事のようです。

2%還元となるコンビニでも5%の還元を受ける事が出来る上、制度に参加していない店舗でも5%還元となるため汎用性としては楽天ペイが一番といえるかもしれません。

ただし、d払いと同じくこちらもエントリーが必須で、エントリーを忘れると5%の還元は受けられませんので、注意しましょう。

開催日や利用シーンを選んで賢くおトクに利用しよう

キャッシュレス決済アプリ各種のキャンペーンや取り組みを紹介してきましたが、開催日程や還元率、還元条件はそれぞれ異なります

複数のキャッシュレス決済アプリを利用している方は事前のチェックは必須と言えます。1種類だけしか使ってない!という人も、普段利用しているアプリのキャンペーンをチェックして最大限おトクに利用しましょう。

また、今回の各キャンペーンのカギとも言えるキャッシュレス・消費者還元制度に参加している店舗ですが、こちらについては専用のアプリが配信されており、そのアプリを利用すれば地図から制度に参加しているお店を探す事が出来ます。

この専用アプリはiOS版、Android版がそれぞれ用意されていますので、還元を受けたいという人はこのアプリも是非導入しておきましょう。(iOS Android)

キャシュ男
キャシュ男

せっかくキャンペーンいっぱいやるんだし、
おトクに利用したいね!

ペイ子
ペイ子

予習は不可欠だけど、覚えておけば増税も怖くないわね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました