タクシー配車「DiDi」が東京でもサービス開始–2019年度内に全国展開へ|CNET Japan

ニュース画像

DiDiモビリティジャパン取締役副社長の菅野圭吾氏、PayPay代表取締役社長執行役員CEOの中山一郎氏|画像:CNET Japan

タクシー配車「DiDi」が東京でもサービス開始--2019年度内に全国展開へ
タクシー配車サービス「DiDi(ディディ)」を運営するDiDiモビリティジャパンは4月24日、サービスエリアを拡大し、東京と京都でサービスを開始した。
キャシュ男
キャシュ男

DiDiって聞いた事無いけど、どんな会社なの?

ペイ子
ペイ子

DiDiは中国のタクシー配車サービスね。
中国語だと「滴滴」って書くみたい。

中国のタクシー配車サービスがソフトバンクとタッグ。PayPayも使える!

中国発のタクシー配車サービスであるDiDiモビリティジャパンは4月24日、東京と京都にサービスを展開。今年度中に北海道や福岡など10都市にサービスを拡大する事も発表しました。

DiDiモビリティジャパンはDiDiとソフトバンクの合弁会社で、タクシーを利用する側とタクシー会社両方へ配車アプリを提供しています。これまでは大阪でサービスを展開していましたが、今回はサービスエリアを拡大しました。

これまでの東京と京都で実証実験を行っていたようですが、その実証実験により本格的なサービスが可能だと判断したようです。

 今回のサービス開始にあわせて、東京ではアプリ内クレジットカード決済を利用する場合に、送迎料金が無料になるキャンペーンを開始。京都ではアプリへの初回利用時に1000円分のクーポンがもらえるキャンペーンを開始している。ともに終了日は未定とのこと。

サービス機能も拡充し、DiDiのアプリが「Yahoo!乗換案内」と連携。Yahoo!乗換案内のルート検索にDiDiによるタクシー利用項目が追加され、その画面上でタクシーを呼ぶことが可能になった。さらに5月からはスマホ決済サービス「PayPay」に対応する。その際にQRコードやバーコードの読み取り、提示は不要なオンライン決済となる。

CNET Japan

記事の通り東京、京都共にキャンペーンを展開中で、京都では特にお得になっているようです。

ソフトバンクとの合弁会社であるため、Yahoo!乗換案内とも連携し、ルート検索にDiDiによるタクシーが追加、画面上からタクシーの配車を手配できるようです。

5月からはPayPayに対応するとの事ですが、オンライン決済が予定されているとの事でコードによるやりとりは不要との事です。これは同じく5月から予定されているYahoo!ショッピング等でのオンライン利用と同時になると思われます。

恐らく、それを記念したキャンペーンも開催されるものと思われます。

タクシー配車アプリは様々ありますが、DiDiの強みは配車センターを介さないAIを利用した配車で、車両到着の平均時間は5分以内、タクシー到着後の乗車までの時間は1分以内とかなりスピーディーです。

DiDiは利用者だけでなく、ドライバー向けのサポートも充実しており、ヒートマップ昨日や帰庫ルート上の注文だけを受けられる機能などを将来的に実装する予定で、ユーザーとタクシー会社に便利な仕組みを提供していくとの事です。

キャシュ男
キャシュ男

最近の中国の経済は凄いから、日本の会社もウカウカしてられないね!

ペイ子
ペイ子

便利なのは外資系のサービスばかりになりつつあるもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました