ドコモ、店舗の「d払い」などでdポイント還元率“常時アップ”のプログラム|ケータイWatch

dポイント還元プログラム

画像:NTTdocomoニュースリリース

ドコモ、店舗の「d払い」などでdポイント還元率“常時アップ”のプログラム
 NTTドコモは、ドコモのサービスを契約・利用するなど条件を満たし、実店舗で「d払い」「iD(dカード)」で買い物をすると、dポイント還元率が最大「+7%」になる「dポイント スーパー還元プログラム」を6月10日から開始する。プログラムへの参加は申込が必要で、5月22日からは事前受付も開始する。キャンペーンではなく恒常...
キャシュ男
キャシュ男

期間限定じゃなくて常時7%って凄すぎじゃない!?

ペイ子
ペイ子

でも満額貰うにはかなりの条件があるみたいよ?

キャシュ男
キャシュ男

またそのパターンなの!?

dポイントスーパー還元プログラム、6月から開始

株式会社NTTドコモが2019年4月15日、スマホ決済サービス「d払い」と電子マネー「iD」を利用した決済をした場合に最大7%のポイント還元が貰える「dポイント スーパー還元プログラム」の提供を発表しました。

同じく15日には新料金プランも発表されたものの、そちらの方はどうやらあまり評判がよろしくはないようですが、当サイトでは割愛します。

「dポイント スーパー還元プログラム」の開始は2019年6月10日からプログラムに参加するためにはエントリーが必要となっており、5月22日から事前受付を開始するとの事です。

こちらの「dポイント スーパー還元プログラム」はいわゆる期間限定のキャンペーンではなく、いつでも最大7%還元という事になっており、この「常時7%」という還元率は一般的に高還元率と言われているクレジットカードのポイント還元率よりも遥かに高く、注目を集めそうです。

しかし、やはりNTTdocomoのスマホ決済サービスという事もあり、その最大7%という破格の還元率の恩恵を受ける為には最低限としてdocomo回線を契約しているdocomoユーザーである必要があり、更には様々な条件をクリアする必要があるようです。

docomoユーザーでなくても達成できる条件も多いものの、満額である7%還元を達成する事は出来ないようです。

 「dポイント スーパー還元プログラム」は、dポイントクラブの会員向けに、期間限定のキャンペーンではなく、いつでもお得にポイントを貯められるプログラムとして提供される。通常の「d払い」「iD(dカード)」の決済時のポイント還元率に加算される形になる。

同プログラムでは、dポイントプログラムが「プラチナステージ」であることや、「dカード」でドコモの携帯電話の料金を支払っているなど、条件をそれぞれ満たすと、+1%もしくは+2%のポイント還元率が加算されていき、対象店舗での決済のポイント還元率が最大で「+7%」になる。

ケータイWatch

繰り返しになりますが、最大で7%という還元率を達成するためにはいくつもの条件があり、1つの条件の達成につき1%~2%が加算されていき、全て達成する事で7%になるというプログラムとなっています。

条件は全部で6つ。その一つ一つを解説していきましょう。

まずは最初の条件として挙げられているのが「当月のdポイントクラブの会員ステージがプラチナステージであること」です。プラチナステージであれば、+1%です。dポイントクラブでは会員ランクがあり、docomo回線の契約年数や半年間に獲得したdポイント数に応じてランクが決定します。

例えば、15年以上docomo回線を契約しているユーザーであれば無条件で最上位のプラチナステージとなります。docomo回線を契約していないユーザーがプラチナステージに到達する為には、6か月間の累計付与ポイント数が10,000ポイント以上である必要があります。

dポイントの還元率は通常1%ですので、6か月以内に100万円程dポイントが使えるお店やサービスを利用する必要があり、かなりハードルが高いと言えます。

2つ目の条件は「dカードでの携帯電話料金お支払い」です。クレジットカードのdカードでdocomoの利用料金を支払うように設定する事で+1%となります。これはもう単純にdocomo回線を契約しているユーザーにしか達成出来ません。

3~5つ目の条件は「いちおしパック」「DAZN for docomo」「Disney DELUXE」に前月末時点で契約している事です。それぞれのサービスごとに+1%となります。

「いちおしパック」はdocomo回線を契約しているユーザー向けのサービスで、様々なサービスがセットになっているもので月額料金は500円となっています。こちらに限ってはdocomoユーザーのみとなります。

「DAZN for docomo」「Disney DELUXE」については、docomo回線を契約していなくても入会は可能になっているようです。

最後の条件は「前月末時点でいずれかのdマーケットの月額課金サービス契約があること、または前月中にいずれかの都度課金サービスの利用があること」です。

こちらは「dマーケット」で月額課金サービスに契約した場合、+2%となります。dマーケットにはdショッピング、dデリバリー、dブック等様々なサービスがありますが、月額課金サービスの契約、という事ですので動画サービスや電子書籍サービスを契約する必要がありそうです。

また、dマーケットとは別になりますが「ひかりTV for docomo」の契約でも条件達成となるようです。

これらの条件を全て満たす事での7%還元。これがお得と思うか逆に損だと思うかは個人個人の判断になると思われますが、docomoのサービスを普段から使い倒しているという方には既に毎月達成している、という人も居るかもしれません。

という事で、今回の「dポイント スーパー還元プログラム」は「d払い」や「iD」ユーザー向けというよりは、docomoのヘビーユーザーに向けた手厚い還元、という意味合いが強いと言えるかもしれません。

とはいえ、最大7%還元が常時という強みは他のクレジットカードや電子マネー、スマホ決済サービスでは類を見ません。いっその事、これを目当てにdocomoユーザーになるという選択肢も、長い目で見ればアリなのかもしれませんね。

キャシュ男
キャシュ男

条件多すぎて笑っちゃった!

ペイ子
ペイ子

たしかにハードルは高いけど、還元率7%というインパクトは絶大ね。
docomoユーザーなら利用しない手は無いわね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました