LINE上でスターバックスカード発行、LINE Payからチャージも可能に|マイナビニュース

LINE代表取締役社長の出澤剛氏と、スターバックスコーヒージャパン CEOの水口貴文氏

LINE代表取締役社長の出澤剛氏と、スターバックスコーヒージャパン CEOの水口貴文氏|マイナビニュース

LINE上でスターバックスカード発行、LINE Payからチャージも可能に
LINEは8日、LINE上からスターバックスカードの発行が可能になったと発表した。同日から提供開始し、LINE Payによるチャージにも対応する。企業が発行するプリペイドカードに、LINE Payからチャージできるようになるのは初。

発行も出来ちゃう!LINEとスタバのコラボレーション

2019年4月8日、LINE株式会社がLINEアプリ上から「スターバックスカード」の発行が可能になった事を発表しました。

発表と同日の4月8日から提供もスタートしており、LINEアプリのアップデート無しでもそのままスターバックスカードの発行が行えます

そもそも、スターバックスカードとはスターバックスが発行している独自のプリペイド式のカードで、カードに残高をチャージする事でスターバックスの支払いに使えるというものです。

オンラインで入金可能だったり、オートチャージ機能を搭載していたりと、スターバックスを普段利用するという人には大変便利なカードになっています。

そのスターバックスカードカードがこの度LINEアプリの「LINE Pay」と提携LINEアプリ上でスターバックスカードを発行からチャージ、利用まで全てを行う事が可能になりました。

「スターバックスカード」は、スターバックス店舗で支払いに使えるプリペイドカード。今回発行する「LINE スターバックスカード」は、LINEから使えるバーチャルカードで、通常の「スターバックスカード」と同様に店頭でキャッシュレス支払いが行える。スターバックスが提供するロイヤルティプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」にも参加可能だ。カードは、LINEキャラクターがデザインされた特別仕様となる。

マイナビニュース

LINEとスターバックスは2018年12月に業務提携をしましたが、今回のこのLINEアプリ上でのスターバックスカードの発行、チャージはこの業務提携の取り組みの一つのようです。

LINEには元々、複数のポイントカードをLINE上でバーチャルカード化する「LINEマイカード」という昨日が搭載されており、Tカードや家電量販店のポイントカード等をバーチャルカード化してLINE上に集約するという便利なものでしたが、これまではあくまで元々発行してあるポイントカードをLINE上に移行させるというものでした。

今回のスターバックスカードに関しては「新規発行」も「チャージ」も行えるのが特徴で、他企業が発行するプリペイドカードにチャージ可能となるのは今回が初となるようです。

LINE Payの残高からもチャージ出来るのが特徴ですが、従来のスターバックスカードと同じくクレジットカードからのチャージ、店頭でのチャージにも対応しているとの事です。

あくまでLINE残高とスターバックスカードの残高は別物ですので、相互に利用する事は出来ないようになっています。

新規発行手順としましては、LINEアプリの「ウォレット」から「マイカード」に入り、「LINE Starbucks Card」を選択し、同意マークにチェックを入れて新規発行、もしくは既にスターバックス会員の人は会員認証を行う事ですぐに利用が可能となります。

スターバックスのポイントプログラムであるStarbucks Rewardsに参加する為には会員登録が必要となりますが、そちらの登録も「LINE Starbucks Card」から行う事が出来ます

ちなみに、LINE Pay残高からスターバックスカードにチャージを行うとLINEポイントが貰えるため、ちょっとお得になります。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20190408-804700/

コメント

タイトルとURLをコピーしました