LINE Payとメルペイが戦略的提携–それぞれの加盟店で両サービスが利用可能に|CNET Japan

CNET Japan

画像:CNET Japan

LINE Payとメルペイが戦略的提携

本日2019年3月27日、LINE株式会社が提供しているキャッシュレス決済サービスのLINE Payとフリマアプリ最大手の「メルカリ」が提供しているメルペイとの戦略的提携を発表しました。

「メルペイ」とはフリマアプリの「メルカリ」で得た売上金やポイントがそのまま電子マネーとして買い物に利用する事が出来る「メルカリ」アプリの機能の一つで、メルカリでの売買を利用していなくても、銀行口座と連携する事でポイントを預金から直接チャージする事も出来ます。

サービス開始当初はiOSのみの対応でしたが、現在はandroid版もリリースされており、利便性は更に高まったと言えるでしょう。他のスマホ決済アプリと同じようなコード決済の他に、タッチ決済の電子マネー「iD」による決済を採用していて、スマートさと利便性ではスマホ決済アプリの中ではトップクラスでしょう。

難点としてはおサイフケータイ、ApplePayに対応していないと利用出来ない点です。iDを利用する事でサービス開始当初から多くの店舗でいきなり利用する事が出来たメルペイですが、ここに来てLINE Payとの提携が発表されました。

 両者は、加盟店の相互開放を実現。どちらかの加盟店であればLINE Payとメルペイが利用できる。さらに、今後は両サービスの店舗導入から運用までワンストップで実施するソリューションも提供する。

さらに、決済事業者同士が連携するオープンで中立的な加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」を発表。それぞれの企業がつながる加盟店をアライアンスで開放し、キャッシュレスをより広く利用できるようになる。

CNET Japan

どうやら今回の提携はお互いの加盟店の相互開放が大きなポイントのようです。この「Mobile Payment Alliance」により参加事業者のキャッシュレス決済はそれぞれの加盟店を相互に利用出来るようになるとの事です。

つまり、今回の場合ですとLINE Payに対応しているがメルペイには非対応の店舗があったとすると、今回の提携でメルペイも利用可能になります。ただし、恐らくその場合はiDにも対応している必要はありそうです。

メルペイが利用出来る主な店舗は元々多くの決済方法の採用に積極的な所が多く、元々LINE Payも対応している事が多いと思いますので、今回の提携ではメルペイ側に大きく得がありそうです。

しかしながら、この「Mobile Payment Alliance」は参加事業者の利益を向上されるというよりは、「キャッシュレス決済の普及・促進」を主目的としていると思われますので、このアライアンスに参加するキャッシュレス決済事業者が増えれば一番得をするのはキャッシュレス決済を利用しているユーザーという事になるでしょう。

キャッシュレス決済を利用している人にはよくある事だと思いますが、「ここのお店〇〇使えないじゃん!」というシチュエーションがこのアライアンスの登場により減少する事になるかもしれません。

ポイントの分散を嫌って決済を一本化したい人にもかなり嬉しい試みとなる事は間違いないでしょう。

引用元:https://japan.cnet.com/article/35134822/

コメント

タイトルとURLをコピーしました