『PayPay』の「オートチャージ」をカイセツ!

PayPayロゴ

オートチャージでPayPayをもっと便利に使おう

キャシュ男
キャシュ男

オートチャージ!
ずっと欲しかったけどやっと来たんだ!

ペイ子
ペイ子

2019年5月27日のアップデートで追加されたわね。
ずっと需要はあったのにちょっと実装が遅かったわね。

オートチャージに2019年5月から対応。残高不足時の面倒が軽減

2019年5月27日のアップデートで、PayPayに「オートチャージ機能」が追加されました。以前からオートチャージ機能への要望は高かったのですが、実際に追加されるまでは思ったより時間が掛かった印象です。

PayPayのオートチャージ機能は銀行口座とYahoo!カードから可能で、その他のクレジットカードからは利用出来ないようです。

オートチャージ機能を利用するための事前準備

オートチャージ機能を利用するには、事前準備が必要です。とは言っても難しい設定をする必要は無く、実際に設定するのは「チャージ方法」と「チャージ判定金額」の設定、そして「チャージ金額」の設定の3つです。

オートチャージ設定画面への入り方は若干わかりにくいので、画像で解説していきます。まずはPayPayのホーム画面から「チャージ」をタップし、チャージ画面に入ります。

そして、画面下部に出る「オートチャージでPayPayをもっと便利に使う」という部分をタップし、オートチャージ設定画面に入ります。

オートチャージ設定1赤線で囲まれた部分をタップで設定画面に入れます。

設定画面に入ると、チャージ判定金額、チャージ金額、そしてチャージ方法の追加についての画面が出ます。デフォルトではチャージ判定金額は1,000円、チャージ金額は5,000円に設定されています。

オートチャージ設定1チャージ判定金額、チャージ金額はある程度自由に設定可能です。

チャージ判定金額とは、「残高が設定した金額を下回った場合にオートチャージを実行する」金額の事で、デフォルトでは残高が1,000円を切った場合にチャージ金額で設定した金額が自動的にチャージされる事になります。

チャージ判定金額は1,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の5種類となります。

チャージ金額は、前述のチャージ判定金額を切った場合に自動でチャージされる金額の設定となります。デフォルトは5,000円で、選択できる種類は判定金額と同様の1,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の5種類です。

その下の「チャージ方法の追加」を選択すると、PayPayを利用するために設定した支払い方法の選択画面が出ますが、通常のチャージと異なり、オートチャージは銀行口座からとYahoo!カードからのみ可能となっており、その他のクレジットカードやYahoo!マネーからは利用が出来ないようです。

支払い方法の設定を終えると、これまでグレーアウトしてタップ出来なかった「オートチャージを有効にする」がアクティブになりますので、タップする事でオートチャージ設定は完了となります。

これを設定する事で、支払いをしようと思ったら残高無かった!という状況がかなり減る事になります。反面、思わず使い過ぎてしまうという事も考えられますので、支払い履歴や利用レポートをチェックして計画的に利用するように心がけましょう。

オートチャージ可能なクレジットカードはYahoo!カードだけ

ここまで何度か触れてきましたが、オートチャージ機能が利用出来るクレジットカードは現在Yahoo!カードのみとなっています。

通常のチャージであればその他のクレジットカードでも可能ですが、Yahoo!カード以外のクレジットカードはあからさまに冷遇されている(というよりは、Yahoo!カードが優遇されている)ので、PayPayでクレジットカードを利用する場合はYahoo!カード以外の利用価値は無いと言い切れます。

Yahoo!カードは比較的発行基準が緩いクレジットカードになりますので、PayPayでクレジットカードを利用したいのならば1枚作っておいても損は無いでしょう。入会や利用でTポイントが貰える上、PayPayの還元+Yahoo!カードのTポイント還元で二重取りが可能となっています。

https://track.bannerbridge.net/click.php?APID=125147&&affID=61502&&siteID=162392
キャシュ男
キャシュ男

設定は割と簡単だったね!
レジ前で慌ててチャージした事あったなあ!

ペイ子
ペイ子

手動でチャージは本当に面倒だったから
これでかなり便利になるわね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました